動物と人の共生 - ヤマザキ学園大学 比較腫瘍学研究室

2017.12.01

日本医師会・日本がん登録協議会共催シンポジウム(2017.11.25)に参加して
患者の参加があって初めて臨床試験や新薬開発は迅速に進む

動物医療において臨床試験が進まないのは、飼い主の参加がないからではないだろうか。最近、私たちはがん予防試験を実施するにあたって、飼い主参加型の臨床試験を計画したところ、症例の組入がスムーズに進んだ。従前の臨床試験では、獣医師関係団体に幅広い広報活動を行ったが、症例の組入は少なかった。飼い主の希望や後押しをするに値するテーマであれば、飛躍的に物事は進んでいくことを目の当たりにした。

『体験してみなければ本当にはわからない』

一本の切歯の根尖膿瘍は、食事をすることも極めて困難になることを体験した。激しい痛みによって食事を噛むどころではない。といって、痛む歯を避けて咀嚼することもなかなか難しい。さらには十分に咀嚼ができないので丸呑みするしかない。これは自分にとってかつて経験したことのない一大事である。

少し大げさに聞こえるかもしれないが、歯の大切さは知識や頭ではわかっていても、このような体験をしなければわからない。その日のうちに歯科医院に駆け込み、応急処置をしてくれた1人の歯科医のありがたみが身に沁みる。歯科医の存在価値と一本の歯の大切さを、身をもって体感した出来事であった。

木立の中に佇むディル(ブービエデフランダース、某ドッグランにて)

木立の中に佇むディル
(ブービエデフランダース、某ドッグランにて)

17.12.01 ニュース 【予告】「犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護」
17.12.01 ニュース Dr. Kato, Colorado State Universityとの共著
17.11.25 イベント 日本医師会・日本がん登録協議会共催シンポジウム
17.11.05 ニュース 【速報2】がん予防臨床試験「バーニーズマウンテンドッグロングライフプロジェクト(BMDLLP)」の症例組み入れ状況(2017年11月5日現在)
17.11.05 イベント イベント予告 11月18日(土) バーニーズジャンボリーセミナー