動物と人の共生 - ヤマザキ学園大学 比較腫瘍学研究室

研究

 

研究プロジェクト

学会発表

  • 勝又夏歩、丸尾幸嗣:犬の腫瘍発見経緯の現状解析 第26回日本動物看護学会 2017年7月(東京)
  • 齋藤めぐみ、丸尾幸嗣:動物看護分野における終末期医療教育の重要性 —人の看護教育を参考にして— 第26回日本動物看護学会 2017年7月(東京)

学術論文

2017年

  • Su, C., Gius, J.P., Steenberg, J.V., Haskins, A.H., Heishima, K., Omata, C., Iwayama, M., Murakami, M., Mori, T., Maruo, K., Kato, T.A.: Hypersensitivity of BRCA2 deficient cells to rosemary extract explained by weak PARP inhibitory activity. Scientific Reports 7: 1 December, 2017.
  • Heishima, K., Ichikawa, Y., Yoshida, K., Iwasaki, Y., Sakai, H., Nakagawa, T., Tanaka, Y., Hoshino, Y., Okamura, Y., Murakami, M., Maruo, K., Akao, Y., Mori, T.: Circulating micro RNA-214 and -126 as potential biomarkers for canine neoplastic diseases. Scientific Reports 7:2301; doi:10.1038/s41598-017-02607-1, 2017.

2016年

  • 駒澤 敏、柴田真治、酒井洋樹、伊藤祐典、川部美史、村上麻美、森 崇、丸尾幸嗣:平成25年度岐阜県犬腫瘍登録データによる家庭犬の腫瘍発生状況. 日獣会誌,69:395-400,2016.
  • Komazawa, S., Sakai, H., Ito, Y., Kawabe, M., Murakami, M., Mori, T., Maruo, K.: Canine tumor development and crude incidence of tumors by breed based on domestic dogs in Gifu Prefecture. Journal of Veterinary Medical Science 78: 1269-1275, 2016.
  • Kanehara, T., Matsui, N., Murakami, M., Maruo, K., Mori, T., Hirata, A., Yanai, T., Sakai, H.: B-cell lymphoma with Mott cell differentiation in a cat. Vet. Clin. Pathol. 45: 356-360. 2016.
  • Iwasaki, R., Mori, T., Ito, Y., Kawabe, M., Murakami, M., Maruo, K.: Computed tomographic evaluation of presumptively normal canine sternal lymph nodes . J. Am. Anim. Hosp. Assoc. 52: 371-377, 2016.

著書

  • 丸尾幸嗣監訳:伴侶動物の腫瘍アトラス 2016, 緑書房,東京

その他

1. 丸尾幸嗣:抗がん剤の取り扱い上の注意、投与時の注意 CLINIC NOTE 13(3): 27-39,2017.

2. 丸尾幸嗣:精巣腫瘍・前立腺腫瘍とは CAP 32(5): 8-13, 2017.

3. 丸尾幸嗣:第12回日本獣医内科科学アカデミー 学術大会「研究発表」JVM賞 『犬腫瘍における血漿中microRNA-214およびmicroRNA-126発現量の検索』受賞解説コメント JVM 69(8):594, 2016.