動物と人の共生 - ヤマザキ学園大学 比較腫瘍学研究室

2018.09.03

「ビッグデータと動物病院」

わが国の動物診療施設は15,000余り存在する。個人経営の動物病院、大学附属動物病院、民間総合動物病院、企業動物病院など多岐にわたる。そこでは日々多くの動物の診療が行われている。それらの診療データはいわゆるビッグデータとみなすことができる。
 私の専門分野の“比較腫瘍学”でいえば、動物のがんの診療データを集積して解析することにより、ヒトのがん克服に役立てるという達成目標がある。しかしながら現実はどうであろうか。各動物病院の連携体制を始め、診療データの共有は進んでいるだろうか。公共性の高い大学附属動物病院でさえも、残念ながら病院間の横のつながりは乏しい。動物医療の全体的なレベルアップを推進しつつ、それらの診療データをどう活用するかがこれからの動物医療の大きな課題である。
 膨大な診療データの解析を基に問題点を明らかにして、それらの解決を目指す精度の高い臨床試験を速やかに実施できるようにすること、動物医療の成果をヒト医療に応用することを始め動物とヒト医療の壁を取り払うOne Medicineの実践が求められている。ビッグデータの活用は、動物病院の社会的価値を高めるとともに、動物臨床医学の魅力とその可能性を格段に拡げることになるであろう。

『ペットのブラッシングはヒトと動物のオキシトシンを上昇させる』

日々の仕事に没頭し、余裕のない生活をしていると、週末の休日は特に待ち遠しい。頭を空にしてボーッとするのも良いが、私は愛犬とのスキンシップを楽しむのが好きだ。
 ブービエの大きい体を横たえて、全身の長い毛を丁寧にブラッシングする。愛犬と共有する穏やかな時間が流れる。正にオキシトシン(幸せホルモン)の上昇を実感する瞬間である。

ヴィトン(美豚)とペットオーナー(私と同期の動物病院院長)との触れ合い

ヴィトン(美豚)とペットオーナー(私と同期の動物病院院長)との触れ合い

18.09.03 ニュース 丸尾幸嗣・森 崇・川部美史監修のCAP連載『犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護』の第7回 がん性疼痛○3ビスホスフォネート(北川敬太、齋藤めぐみ 執筆、2018年9月号)が発刊された(緑書房)。
18.08.01 ニュース 丸尾幸嗣・森 崇・川部美史監修のCAP連載『犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護』の第6回 がん疼痛○2がん性疼痛治療法とオピオイド(柴田早苗、齋藤めぐみ 執筆、2018年8月号)が発刊された(緑書房)。
18.07.10 ニュース 丸尾幸嗣プロジェクトリーダーのがん予防プロジェクトが紹介されました【《ヒトと犬の未来を担う》バーニーズの健康寿命を延ばす ーがん予防プロジェクトー pp.68-71 大きな犬と暮らす Vol.2 誠文堂新光社 2018年8月1日発行】。
18.07.03 ニュース 「シュナウザーとのしあわせな暮らし方」(Wan編集部 編、2018年7月20日発行、緑書房)の一部担当【丸尾幸嗣 監修・執筆・指導:Part 4.シュナのかかりやすい病気&栄養・食事.がん(悪性腫瘍)pp.60-62】をしました。
18.07.03 ニュース 丸尾幸嗣はコアカリ「獣医臨床腫瘍学」(廉澤 剛、伊藤 博・編、2018年6月3日発行、文永堂出版、獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠)の分担執筆【第4章 腫瘍の診断(4-1〜4-4)、第9章 化学療法、第11章 腫瘍の疫学と統計学(11-2)】をしました。