動物と人の共生 - ヤマザキ学園大学 比較腫瘍学研究室

2018.12.03

「職人気質と社会性」

動物医療に携わる者としては、その分野のスペシャリストになることが大きな目標となる。

例えば外科を専門とする者は、その道の第一人者といわれる存在となることを目指す。毎日の手術を一つ一つ確実にこなし、くり返し、蓄積し、その道の熟練者としての名声を得る。この過程は、職人が一人前になる過程ととても良く似ている。

「わたしは手術しかできない人間で、それ以外のことは何もわからない専門バカです。」という人と、「私の生活の大部分は手術に費やされているが、自分の職業を俯瞰し、社会とのつながりを考えることが最大関心事です。」という人がいた場合、あなたはどちらの人を評価するであろうか。

年代や職場および生活環境によってもその答えは異なってくるかもしれない。毎日の生活に汲々としていても、後者のようになりたいと思うのは私だけだろうか。

『人生の選択』

ヒトはそれぞれの人生を歩むことになる。誰一人として同じ道ではない。何となくうまく進む道もあれば、大変困難を要する道もある。しかし長い人生を観たとき、常に楽な道だけとは限らない。そのような困難に出会った時、初めてその人の人間性が試される。

“考える力と自主性”、これがその人のその後の人生を左右するキーワードだと思う。自分の考えを持ち、迎合することなく自分らしく生きていける、これが人生の目標であり、死ぬまでそうありたいとも思う。

落ち葉の上に佇むディル

落ち葉の上に佇むディル

18.12.03 ニュース 丸尾幸嗣・森 崇・川部美史 監修のCAP連載『犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護』の第10回 腫瘍随伴異常症状に対する対応② 高カルシウム血症(村上麻美、齋藤めぐみ 執筆、2018年12月号)が発刊された(緑書房)。
18.11.11 イベント バーニーズジャンボリー 2018に参加
18.11.05 イベント ヤマザキ動物看護フォーラムが開催される(テーマ:「オーストラリアの動物看護師国家資格の現状と課題並びに我が国の国家資格制度への取り組み」、日時:2018年12月10日(月) 14:00〜15:30、場所:ヤマザキ動物看護大学、共催:ヤマザキ動物看護大学・ヒトと動物の関係学会)。 
18.11.04 イベント 第8回公開講座 〜ヒトがイヌと歩くということ〜(ヤマザキ動物看護大学・日本ヘルスケア協会 共催)で丸尾は座長を務めた。
18.11.01 ニュース 丸尾幸嗣・森 崇・川部美史 監修のCAP連載『犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護』の第9回 腫瘍随伴異常症状に対する対応○1貧血・DIC(齊藤和之、木本三恵、小笠原真希 執筆、2018年11月号)が発刊された(緑書房)。